スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2020.06.30 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

大人数でのギネス挑戦ができなくなる日

JUGEMテーマ:記録

 

ギネス記録には、大人数で打ち立てた記録がたくさんあります。温泉地で有名な鬼怒川では、日光市立鬼怒川小学校、日光市、鬼怒川小学校自治会が協力し、201811月に生徒や地域住民466人がグラウンドに集まって人文字で赤い温泉マークを作り、人文字で地図記号を表した最多人数というギネス認定を受けました。

 

大阪では、201811月、御堂筋オータムパーティ2018で、プロからスキルの高い愛好家までトランペット奏者が172人集まり、一斉に「歌劇アイーダ凱旋行進曲」のファンファーレ部分を演奏し、最も長いファンファーレ・トランペット奏者の列(バルブ式)というギネス記録を出しました。他にも、学校で、会社で、地域で集まり達成した記録がいろいろあります。

 

でも新型コロナウイルスの影響で、密集、密着、密閉の「三つの密」は自粛するようにと言われると、こうした大人数による挑戦はできなくなってしまいますね。皆で力を合わせ挑戦することで、絆を深めたり、同じ良い思い出作りができるのがギネス記録のいいところ。できなくなって初めて、それが当たり前ではなかったことがよく分かります。

 

こうしたパンデミックは、増えすぎた人口を調整するための自然の摂理という説もありますが、一日でも早く終息し、安心して集えるかけがえのない日常が戻ってくることを願うばかりです。

 

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2020.06.30 Tuesday

この記事に対するコメント

コメントする