地球上で唯一平和な大陸

JUGEMテーマ:記録

 

オリンピックのシンボルとなっている五輪は、アメリカ大陸、ヨーロッパ大陸、アフリカ大陸、アジア大陸、オセアニア大陸の5大陸を表していると言われます。近代オリンピックの基礎を築いた創設者フランス人のピエール・ド・クーベルタン男爵が考案したもので、どの色がどの大陸という定義はないようで、人種問題などいろんな理由があると思われます。

 

大陸と言うと、オリンピックではこの5大陸なのですが、地質現象をプレートの動きで説明するプレートテクトニクス説が定める大陸は、ユーラシア大陸、アフリカ大陸、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、南極大陸、オーストラリア大陸の6つ。

 

かつてはこれが巨大なひとつの大陸だったそうです。29,900万〜27,300万年前頃は、超大陸(パンゲア、ギリシャ語ですべての土地という意味)としてつながっており、2億年前頃から分裂しはじめ、現在の各大陸へと変わっていきました。その証拠に、アフリカと南アメリカの海岸線の形がぴったり一致するのだそうです。

 

人口が一番多い大陸がアジア大陸で443,600万人(59.69%)。次いでアフリカ大陸121,600万人(16.36%)、ヨーロッパ大陸73,800万人(9.94%)、北アメリカ大陸57,900万人(7.79%)、南アメリカ大陸42,200万人(5.68%)、オーストラリア大陸3,900万人(0.54%)、南極大陸1,109人(1%未満)の順。

 

南極大陸に定住人口はなく、南緯60度以南で承認されている国は存在しません。かつて南極の一部に領有権を主張した国があったようですが、1959年の南極条約により、南極大陸は平和目的の科学調査のために各国に開かれ、どんな軍事的活動をも行わないことが決められました。これだけ広い地球で唯一平和な地上は、人間が定住していない南極大陸なんですね。

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2019.12.16 Monday

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする