土星の環はエベレスト3,000万個分の粒

JUGEMテーマ:記録

 

太陽系の中でも環を持つユニークな姿で印象的な土星。太陽系で一番大きな環としてギネス認定されています。

 

円盤のようにつながって見えますが、それぞれ独立して土星の周りを回っている氷とチリの粒子でできています。彗星の衝突で破壊された小さな彗星の残骸からできた可能性が高いそうで、質量合計は約4×1019kgでエベレスト3,000万個分に相当するのだとか。

 

太陽系では木星、天王星、海王星にも環はあるものの、土星ほど大きくないのであまり知られていないようです。

 

土星の環は周りながら少しずつ粒子が惑星へ向かって落下しているそうで、約1億年後には土星の環が完全に消失すると推測している科学者もいるとのこと。その頃には、土星だけでなく地球も宇宙も様変わりしていることでしょう。誰がどんな環境でそれを見ているのでしょうね。

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2020.03.30 Monday

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする