飼い主より長生きするペット

JUGEMテーマ:記録

 

ペットを飼う時、あなたは何を基準に種類を決めますか?

 

かわいい、賢い、あまり手がかからないなどがあるでしょうが、寿命というのも条件のひとつかもしれません。あまり早く死なれては悲しいですからね。

 

通常のペットでいうと、ハムスターが23年、ハリネズミ25年、セキセイインコ58年、うさぎ510年、フェレット610年、猫1516年、短命犬(秋田犬、ボクサーなど)89年、長命犬(ポメラニアン、プードルなど)1416年などがあります。

 

こんなんじゃ足りない。もっと長生きしてほしいというのなら、亀2050年はいかがでしょう。もっと触れ合ったり意志の疎通を図れるペットがいいというなら、オウムは3070年。アメリカのブルックフィールド動物園にいたクルマサカオウムのクッキーが20168月に亡くなった時、82才と88日だったとギネス記録に載っています。

 

また先日、自分が生まれた2カ月後から飼っているオウムと70歳を過ぎた今も一緒に暮らしているという男性がTVで紹介されていました。普通に会話している様子を見て、種別を超越した兄弟とも夫婦とも言える域に達していると感じました。

 

ペットを飼う時に一番大切なのは、最期までちゃんと責任を持って面倒を見られるか。亀やオウムを飼う時は、自分より長生きした時に面倒を見てくれる人がいるかどうかまで考える必要があります。

 

また、猫にしても犬にしても、最近は20才を超えて長生きする子も増えました。通院したり介護することを考えると、新しく犬猫を飼い始める飼い主の年齢制限は50才ぐらいまででしょうか。ペットを飼える期間というのはけっこう短いものですね。

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2018.11.30 Friday

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする