あの美少女戦士たちのギネス記録

JUGEMテーマ:記録

 

1992年の誕生から26年経っても、未だに絶大な人気を得ているマンガ「美少女戦士セーラームーン」。その人気は国内に留まらず、海外のコミケでもコスプレ姿を必ず見かけるほど誰もが知る作品としての地位を築いています。

 

平昌オリンピックフィギュアスケート女子の銀メダリスト、メドベージェワ選手が、20167月新潟県長岡市でのアイスショーでセーラームーンのコスプレで登場。さらに2017423日国立代々木競技場でのエキシビジョンでも完璧なコスプレを披露。しかもセーラームーンの名台詞「月に代わっておしおきよ」と言いながらおなじみのポーズを決め、大きな話題になりました。

 

なぜセーラームーン人気は衰えないのか?ヒロインが変身して悪と戦うというそれまでにない斬新さ。特別な職業やアイドルではない、ごく普通のどちらかと言えばドンくさい中学生が主人公という親しみやすさ。そして何より、少女マンガ原作から生まれたキラキラ感。コスチュームやグッズがいちいちオシャレで可愛い。仲間の個性的なセーラー戦士たちが揃った時のアイドル感。タキシード仮面に助けられる時のキュンキュン感。変身する時の掛け声も「メイクアップ!」など、少女心をときめかせるモチーフが散りばめられていたからに他なりません。

 

そして今や大人になった当時の少女たちに向け、ファッション、アクセサリー、化粧品などさまざまなコラボ商品が販売され、何歳になっても楽しめるひとつのブランドと化していると言えます。

 

1993年にはスーパーファミコンゲーム、1994年にはメガドライブ版ゲームが登場し、世界初「選択できるキャラクターがすべて女性というベルトスクロール型アクションゲーム」としてギネスに認定。操作できるキャラクターが全員美少女というのは海外では見られないもので、しかもなかなか難易度が高いとゲーマーたちから高い評価を得ているのだとか。

 

そんなセーラームーンファンには耳よりなお知らせ。2015年からUSJで開催されている「ユニバーサル・クールジャパン」で、2018年は316()624()期間限定で美少女戦士セーラームーンのアトラクションが登場。4-Dシアターで見るオリジナルストーリーで、セーラームーンの世界を完全再現だそうです。

 

セーラームーン・カフェプレートなどかわいいオリジナルフードや今しか買えないオリジナルグッズも必見。トキメキ感動体験したい方、足を運んでみてはいかが?

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2018.07.19 Thursday

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする