宇宙を舞台にしたビジネス

JUGEMテーマ:記録

 

今、日本で宇宙ビジネスが盛り上がっているってご存じですか?

 

事の起こりは201611月、宇宙ビジネスの分野で民間企業を後押しする「宇宙活動法」が成立したこと。人工衛星の打ち上げを許可制にするとともに、打ち上げ失敗による損害賠償保険への加入の義務付けや保険を上回る損害に対する政府の補償などが定められ、民間企業が参入しやすくなったのです。

 

宇宙ビジネスというと、通信衛星や気象など専門分野のイメージで自分とは無縁な気がしてしまいますが、それだけではありません。宇宙旅行、人工流れ星、そして宇宙葬など私たちにも身近なサービスが誕生しているのです。

中でも遺灰を専用カプセルに詰めて宇宙へ打ち上げる宇宙葬は20万円代からサービスがあり、既に多くの人が利用しているようです。「亡くなってからも星になって見守る」をリアルに実現しているんですね。

 

ちなみに現在、最も遠くにある人間の遺灰は、19971月に亡くなったアメリカの天文学者クライド・トンボー氏のもの。1930年に冥王星を発見した人で、亡くなる直前語っていた宇宙に埋葬して欲しいという彼の希望を聞き、20061月に打ち上げられた探査機ニューホライズン(人類類初の冥王星を含む太陽系外縁天体の探査を行う無人探査機)の上甲板に30gの遺灰を入れたキャニスターが据え付けられているそうです。

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2018.05.15 Tuesday

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする