ものすごい痛みと闘っていた童話のお姫様

JUGEMテーマ:記録

 

アンデルセン童話に「白鳥の王子」という物語があります。魔法で白鳥にされた11人の兄王子の魔法を解くために、妹姫がトゲのあるイラクサを野で摘み、足で踏んで糸を取り、布に織り上げてシャツを作るというストーリー。毎日、イラクサでシャツを作る妹姫の白い指からは血が流れ、足は傷ついてヒリヒリ傷むというシーンが涙を誘います。さまざまな苦難を乗り越え、最後は兄王子たちの魔法も解け、皆幸せになるというハッピーエンドなのですが…。

 

このイラクサ、よくよく調べてみると毒性があり、中でもUrtica feroxは最も危険な刺毛植物としてギネス認定されています。どれくらい危険かというと、葉についている白い針毛が刺さって体内に毒が入ると犬や馬も殺すほど。毒にはヒスタミン、セロトニン、アセチルコリン、ギ酸などの皮膚刺激性成分を含んでおり、1961年には肌に触れてから5時間で男性1人が死亡しているとのこと。

 

もっともこのUrtica feroxはニュージーランド固有種なので、アンデルセン童話に登場したイラクサは恐らく西洋イラクサ(Urtica dioica)でしょう。Urtica feroxほど毒性は強くないようですが、ちょっと皮膚に触れても2日間ほど痛かったり、茂みに転んで全身を刺されたりすると痛いだけでなく熱が出たり吐き気を催したりすることもあるそうで、ヨーロッパの子供たちは決して触らないように親から教えられているようです。そんなところから痛い植物の代表として童話に登場したのかもしれませんね。

 

この西洋イラクサを乾燥させたものはネトルというハーブになり、抗アレルギー作用、利尿作用、浄血などの効果が期待できるのだとか。一方、日本でよく目にするイラクサ(Urtica thunbergiana)は学名が違うため、同じイラクサ属でも別物。恐らく成分も違うので、ハーブのネトルと同じ使い方をするのはやめた方がよさそうです。

自身の世界記録を4回も更新している銀盤のプリンス

JUGEMテーマ:記録

 

29日からいよいよ冬季オリンピックが平昌で開催されます。前回の2014年ソチオリンピックでは、日本は金1、銀4、銅3と合計8個のメダルを獲得。中でも、フィギュアスケート男子シングルで羽生結弦選手がショートプログラムで史上初めて100点超えのスコアを出し金メダルを獲得、アジアの選手として初めて優勝したのが印象的だったという方も多いのではないでしょうか。

 

あの時は、淡麗かつ気迫あふれるドラマティックな姿が何度もメディアに登場するだけでなく、当時人気だったドラマ半沢直樹に登場する大和田常務とのコラボ合成写真などがSNS上を賑わせました。

 

そんな羽生熱も冷めやらぬ201512月、スペイン・バルセロナで行われたGPファイナルでまたしても偉業を達成。ショートプログラムにおける最高得点(110.95点)、フリースケーティングにおける最高得点(219.48点)、トータルスコアにおける最高得点(330.43点)という、21歳にしてGPファイナル3連覇を達成したのです。

 

羽生選手がショートプログラムにおける最高得点に認定されたのは2012年の95.07点。そこから2013年に99.84点→2014年に101.45点→2015年に106.33点→そして今回の110.95点とギネス世界記録を自身で4回も更新し続けてきているのですから驚きです。

 

23歳になった羽生選手が平昌ではどんな演技を見せてくれるのか楽しみですね。

私たちの周りには膨大な金が眠っている

JUGEMテーマ:記録

 

最も価値あるものの代表と言えば金。「時は金なり」「一攫千金」などことわざにも使われてきました。これまで採掘された金の総量は約166,600トンで、オリンピック公式プール約3.5杯しかないと言われます。そんな貴重品の金ですが、地球の核には金がどっさり眠っていると知っていましたか?

 

核にある金すべてを抽出できれば、地球の表面全体へ厚さ45cmの金メッキができるのだとか。ただし、温度4000度以上の核へ辿り着くことがまず大変。となると、海に目を向けた方がいいかもしれません。海水1リットル中には1/130gの金が含まれているというのですから。もし海洋全体の海水から金を抽出できれば、2000万トンにもなるのだそうです。

 

もっとも、いずれも理論上の話で実現させるのは至難の業。となれば、パソコンや携帯に使われている金を回収する方が現実的です。いわゆる都市鉱山と呼ばれるものですね。天然資源の少ない日本ですが、都市鉱山に関しては世界一の埋蔵量があると言われています。しかも天然の鉱山よりも純度が高く良質の金が。

 

新しく買い替えてもリサイクルに出さず、古い携帯をしまったままの人も多いと聞きますが、それこそ宝の持ち腐れ。必要がなければ、できるだけ有効活用したいものです。

「スターマン」に捧げるMV

JUGEMテーマ:記録

 

前回、宇宙ビジネスについてご紹介しました。今後、私たちの生活のシーンに宇宙空間が登場することも増えるでしょう。映画やドラマなどの舞台に使われることもそう遠くないかもしれません。そんな未来を一足先に実現したのが、カナダ人宇宙飛行士のクリス・ハドフィールドさん。

 

クリスさんは2013年、5カ月にわたり国際宇宙ステーションに滞在中、宇宙空間で史上初のミュージックビデオを撮影しYouTubeに公開しました。曲はデヴィッド・ボウイさんの「Space Oddity」。多くのミュージシャンにカバーされている名曲です。宙に浮かぶギター、浮遊しながら歌うクリスさん、窓の外には宇宙空間と地球。歌詞の世界観をよりリアルに体現でき心に響きます。

https://www.youtube.com/watch?v=KaOC9danxNo 

 

クリスさんが「天才デヴィッド・ボウイへ敬意を込めて。宇宙ステーションで収録されたSpace Oddityだ。世界への最後の一瞥」と紹介して投稿したこの動画は多くの注目を集め、当初は1年間限定で公開したものが、再開を求める声が相次ぎ新たに2年間限定で公開されました。

 

このMVをデヴィッド・ボウイさんもご覧になり、20135月に自信のFacebookで「これはおそらくこの曲の最も感動的なバージョンだ」と絶賛しています。そして2016110日、デヴィッド・ボウイさんが亡くなるとファンの間でこのMVが再び注目を集めることとなりました。

 

本物の「スターマン」(1972年にリリースされたボウイさんの名曲)になられたデヴィッド・ボウイさん。今はご自身が宇宙空間で音楽を奏でているかもしれませんね。

宇宙を舞台にしたビジネス

JUGEMテーマ:記録

 

今、日本で宇宙ビジネスが盛り上がっているってご存じですか?

 

事の起こりは201611月、宇宙ビジネスの分野で民間企業を後押しする「宇宙活動法」が成立したこと。人工衛星の打ち上げを許可制にするとともに、打ち上げ失敗による損害賠償保険への加入の義務付けや保険を上回る損害に対する政府の補償などが定められ、民間企業が参入しやすくなったのです。

 

宇宙ビジネスというと、通信衛星や気象など専門分野のイメージで自分とは無縁な気がしてしまいますが、それだけではありません。宇宙旅行、人工流れ星、そして宇宙葬など私たちにも身近なサービスが誕生しているのです。

中でも遺灰を専用カプセルに詰めて宇宙へ打ち上げる宇宙葬は20万円代からサービスがあり、既に多くの人が利用しているようです。「亡くなってからも星になって見守る」をリアルに実現しているんですね。

 

ちなみに現在、最も遠くにある人間の遺灰は、19971月に亡くなったアメリカの天文学者クライド・トンボー氏のもの。1930年に冥王星を発見した人で、亡くなる直前語っていた宇宙に埋葬して欲しいという彼の希望を聞き、20061月に打ち上げられた探査機ニューホライズン(人類類初の冥王星を含む太陽系外縁天体の探査を行う無人探査機)の上甲板に30gの遺灰を入れたキャニスターが据え付けられているそうです。

ファンたちの投資で実現した伝説のゲーム開発

JUGEMテーマ:記録

 

何かを成し遂げたいと思ったら、知恵と勇気の他にお金もかかります。お金を集めるには、自分でコツコツ貯めるか、いかに魅力的な事業家を伝え投資を呼びかけるなどの方法があります。そんなにうまくいくはずない…と思いきや。1時間で約1億円を集めた実例があります。「最も短時間で100万ドルを集めたビデオゲーム」としてギネス認定された「シェンムー3」です。

 

シェンムーとは、セガが開発したコンピューターゲームのシリーズ。80年代の横須賀を再現した街を舞台に、主人公が青銅鏡をめぐり活躍するオープンワールドアドベンチャー。1999年の発売当時、リアルな街並みや駄菓子のひとつひとつを手に取って見られるほど細部まで作り込まれた映像は画期的で、NHKで特集が組まれたり、スピルバーグ監督から絶賛されるなど高評価を得ていました。

 

しかし、20019月に発売された「シェンムー2」と合わせると2作合計で90億円以上という莫大な製作費。これにに対し売上は40億円以上の赤字と予測され、媒体だったドリームキャストもセガのサービスが終了したため、物語は未完のまま停止状態になっていました。

 

ところが2015615日、「シェンムー2」発売から14年の沈黙を破り「シェンムー3」の製作が電撃発表されたのです。同時に、開発資を集めるためのクラウドファンディングスタート。ここに続編を熱望していたファンたちが殺到しました。なんと、1時間44分で100万ドル(約1億円)が集まり、当初の目標金額200万ドルを8時間43分で超え、718日の募集終了時には最終的に6333296ドル(約78000万円)に達したのです。

 

同ゲームクリエイターの鈴木裕さんは次のように語っています。「すべての仕事は、新しいことへの挑戦でした。想像を超える世界、まだ存在していないゲームをつくろうという気持ちが、過去の名作をつくる原点だったと考えています。そして心から嬉しかったのが、『シェンムー3』のリリースを心待ちにしてくれていたファンが世界中に沢山いてくれたという事実です」。

 

まだ世にないものを届けたいという想いが作品に反映され、多くの人の心を動かし、開発中止の憂き目を乗り越えることができたんですね。このソフトは201712月にPCPlayStation4向けに発売予定とのこと。多くの投資を得たということは、それだけ期待値も高まるということ。自らハードルを上げて立ち向かうとも言える今回のリリース。どんな世界観を見せてくれるのか期待しましょう。

安倍マリオのパフォーマンスは実現可能か?

JUGEMテーマ:記録

 

地面に向かって「ブラジルの人、聞こえますかー?!」と叫ぶギャグがあります。リオ五輪の時は逆に、現地リポーターが地面に向かって「日本の人、聞こえますかー?」とやっていました。日本にとって地球の裏側にあるのがブラジルだから生まれたギャクです。ということは、どんどん地面を掘っていけば、いつかはブラジルに辿り着くはず。

 

リオ五輪の閉会式では、任天堂の人気ゲームキャラクター・スーパーマリオに扮した安倍首相が東京で土管に入った映像の後、閉会式場の土管から登場するパフォーマンスで話題になりましたね。では、実際に穴を掘って飛び込んだらどうなるのでしょう?

 

さまざまな仮説がありますが、空気抵抗や高熱などを度外視すると、地球の裏側に到着するまでの総距離は12715km、時間は42分だそうです。ポンと穴に飛び込むと、重力のため核に近づくにつれてスピードが増し、その落下速度は秒速800kmにも達するのだそうです。そして核を通過すると、今度は重力のせいで速度が遅くなるけど慣性の法則で落ち続け、地球の裏側に到着するとのこと。

 

42分でブラジルへ行けたらこんなすごいことはありませんが、実現させるには、太陽の表面とほぼ同じ5700度の核を掘り進む道路工事がまず第一の課題です。

世界一速い鳥は何だ?がギネス誕生のキッカケ

JUGEMテーマ:記録

 

毎年、世界中からさまざまな世界一の記録を届けてくれるギネス社。正式にはギネスワールドレコーズというイギリスに本社がある会社です。世界一の記録を収集した書籍の出版と、ガイドラインに則って世界一を認定する機関でもあります。なぜこんなユニークな会社が誕生したのでしょう?

 

事の起こりはアイルランドのビール会社「ギネス醸造所」の専務だったサー・ヒュー・ビーバーの素朴な疑問からでした。狩猟へ行った際、「世界一早く飛べる鳥は何か?」という議論になったのですが結論が出ず、参考になる書籍もありません。そこで、こういう情報を集めた本を出したらおもしろいのでは!と、ロンドンの調査業務会社に依頼して世界一の情報を集め1955年に「ザ・ギネス・ブック・オブ・レコーズ」という書籍を出版したのが始まりだそうです。ギネスビール会社の人から誕生したから、ギネス記録なんですね。

 

2000年にギネス醸造所から独立し、書籍のタイトルも「ギネス・ワールド・レコーズ」に改めました。日本オフィスとしてギネスワールドレコーズジャパンが設立されたのは2010年。そんな最近なんだ?と意外な気もしますが、インターネットが広まり、Facebookが一般に開放されたのが2006年、同じ年にTwitterも誕生しSNSの普及が始まった時代。誰もが簡単に情報発信できるようになったことで、世界一という話題性のある情報の需要も高まったということなのでしょう。今では年間約4万件もの申請があるそうです。

 

日本オフィスができたおかげで私たちも申請もしやすくなりました。11月第2木曜日はギネスの日。友人、家族、同僚たちと集まって記録に挑戦する日とされ、毎年全国でさまざまなイベントが開かれます。皆さんも仲間と何か世界一に挑戦し、その後おいしいギネスビールで乾杯してみてはいかが。

ゆっくり、確実に生き抜いた女性冒険者

JUGEMテーマ:記録

 

20161020日、1人の偉大な冒険者がこの世を去りました。それは19755月に史上初めて女性でエベレスト登頂に成功した田部井淳子さん、77歳でした。

 

田部井さんが山に興味を持ったのは小学生の時、地元の山に登ったことで意識が芽生えたとされています。本格的な登山を始めたのは大学卒業後に社会人の山岳会に入ってから。そこで経験を重ね、1969年に「女子だけで海外遠征を」を合言葉に女子登攀クラブを設立。その6年後、エベレスト日本女子登山隊の副隊長兼登攀隊長として、世界最高峰エベレストに女性世界初の登頂を果たしました。1992年には女性で世界初の7大陸最高峰登頂者になります。

 

今でこそ「山ガール」などと呼ばれ女性も当たり前に登山を楽しんでいますが、当時は「女は非力」「女性は家庭にいるべき」と言われていた時代。先鋭的な山岳会には「女性お断り」のところも多く、すでにお子さんがいた田部井さんは「幼子を置いて山に行くなんて非常識きわまる」とさんざん叩かれたのだとか。そんな中「ゆっくり、確実」という女性ならではの登り方でエベレスト登頂を成功させたのだそうです。

 

田部井さんがメディアで山登りの楽しさ、野に出ることの素晴らしさ、時には子育ての苦労や楽しさまで語ることで、その優しい笑顔に多くの女性ファンが増え、登山も身近なものになっていきました。

 

そんな田部井さんの最後の登山となったのは亡くなる3カ月前の20167月の富士山。長年にわたり環境保護活動や登山を通じての被災者支援を呼び掛けていた田部井さんが、東日本大震災の被災地であり自身のふるさとでもある東北の高校生を富士登山に招待したイベントです。その4年前にガンと診断され、治療を受けながらの登山でした。

 

田部井さんの呼びかけに福島・宮城県から高校生93人が参加。この時の様子がNHKドキュメンタリーで放送されていましたが、慣れない登山の辛さについ下を向いてもくもくと登る高校生に「ほら、顔を上げてみて。景色がキレイだよ」とほがらかに声をかける田部井さんの姿が印象的でした。

 

どんなに辛い時も顔を上げて、ゆっくり、確実に。「一歩一歩進めば必ず頂上にたどり着ける」という強いメッセージは、多くの人の心に刻まれていることでしょう。

思わず微笑むワンダフルな記録

JUGEMテーマ:記録

 

人間と一緒に仕事をしたり遊んだりできる賢くて身近な動物といえばやはりワンちゃん。身体能力と学習能力が高く、人間に従順なことから昔から良きパートナーとして暮らしてきました。

 

犬の知能研究第一人者と言われるスタンレー・コレン博士によると、知能の高い犬種のランキングは、1位ボーダーコリ、2位プードル、3位ジャーマンシェパード、4位ゴールデンレトリーバー、5位ドーベルマン、6位シェットランドシープドック、7位ラブラドールレトリーバー、8位パピヨン、9位ロットワイラー、10位オーストラリアンキャトルドッグとなっています。

 

新しい命令を何回以内で理解するかというテストで、5回以内で理解し、1発で従うことが95%以上できたワンちゃんたちなのだとか。確かに牧羊犬、介助犬、警察犬などでよく目にする犬種です。

 

そんな賢いグループには入らなかったけど世界記録を打ち出したのは、ペルーのリマに住むイングリッシュブルドッグのオットーくん。20151115日のギネスワールドレコーズデーに、30人が足で作ったトンネルをスケートボードに乗って潜り抜けたという記録です。

 

「ただ潜るだけならできそうじゃない?」と思うかもしれませんが、30人が1mぐらいの間隔で並んでいるので距離は約30mはありそう。その中を、ぶつからないように傾いたりしてバランスを取り、時には前足でボードを蹴ってスピードを保ちながら縫うように進むのですから、みごとなものです。短い脚でバランスを取る雄姿と、滑り終わった時のオットーくんの嬉しそうな表情もたまりません。

 

もともとオットーくんはスケボー犬として有名で、この日も雄姿を見ようと大勢のファンが集まったのだとか。そしてこの挑戦は、スケボー犬として有名だったカリフォルニアのイングリッシュブルドック、ティルマンくん(iPhoneの初期CMで、ビデオ再生機能を見せるために採用されたワンちゃんだそうです)が数日前の1027日に10歳で亡くなったことをオットーくんの飼い主さんが知り、ティルマンくんに敬意を表して行ったものでした。

 

一緒にアウトドアを楽しめるのが犬の大きな魅力のひとつ。最近は都会での単身生活が増え、散歩をしなくて済むなど犬と比べて比較的飼いやすい猫の人気が高まっているようですが、犬を飼うことで自分も外に出る時間を増やし、太陽を浴びる生活にシフトするというのもいいかもしれませんよ。